子育て 悩み

薬と頭は使い方次第

子供が病気になって何が憂鬱かって、薬を飲ませることですよね。挌闘の末、口に押し込んでも吐き出してしま

ったり、逃げ出してしまったり。8〜12ヶ月齢児ともなれば知恵もついてきてママの悩みも増えますね。まずは、

薬剤師さんにその薬と飲み合わせの良い飲み物などを聞いておくと助かります。薬によっては混ぜたらかえって

苦くなったり、効能が薄れたりしてしまうものがあります。飲ませるときの容器も工夫が必要です。御ちょこな

どの小さい容器なら、すばやく一気に流しこめます。我が家はヤクルトの容器で成功しました。粉薬はごく少量

の水で溶いて団子にして、のどの奥に貼り付けると本人は飲むしかなくなり観念します。あとは前もって用意し

ておいたご褒美を渡して機嫌をとるだけ。大切なのはもらった薬をお薬手帳にひかえることです。それは母子手

帳と同じ位大切なものです。違う医療機関に受診したときなど重要な情報となるからです。薬は諸刃の剣。使い

方一つで命を脅かすこともあります。ですから、せめて我が子が飲んでいる薬の名前と種類、副作用は知ってお

いて下さい。夜間救急の場合は小児科医でないことが多々あります。私も誤った薬を処方され、指摘して初めて

医師が気付いたことが何度もあります。お薬手帳を書いているうちにいつの間にか知識が増えていたんですね。

薬の情報無しで薬だけ渡されたときは、ママの方から質問するくらいの根性で頑張って!

子育て 8〜12ヶ月齢児関連エントリー

inserted by FC2 system