子育て 悩み

お礼は手紙で

最近手紙を書く機会がめっきり減りましたね。もらったことがないという子もいるのではないでしょうか?郵便受けに自分宛ての手紙が入っていたときの喜びはひとしおです。確かにeメールは速くて楽ですがその分届く気持ちは半減してしまいます。こんな時代だからこそ気持ちを手紙で伝えられるようしつけたいものです。

 

お祝などを頂いたとき、およばれしたしたとき、親切にしていただいたときなど親だけでなく子供にもお礼の手紙を書かせるようしつけることは大切です。字や文章が下手でも丁寧に心をこめて書くようしつけましょう。たとえほんの数行でも丁寧な字で書かれた手紙は心が震えるほど嬉しいものです。それに返事が来た時の子供の喜びようといったら想像に余りあるでしょう。

 

手紙を楽しむために文箱を作ってあげるのもいいですよ。レターセットを集める楽しみもできてがぜん頑張ってしまうでしょう。色んな人の手を伝って心と心が繋がれる手紙。その良さを改めてみ直してもらえたら嬉しいです。小さいうちからしつければじきに子供は一人で手紙を書くようになるでしょう。

 

思いを書くことは自分の心と向き合う良い機会でもあります。大切な友達、お世話になった恩師、離れて住むおじいちゃんやあばあちゃん、そういう人を思いながら書く手紙は自分も相手も幸せな気持ちにさせます。そしていつか親元を離れたとき、手紙が親子の心を繋ぐ掛け橋となってくれることでしょう。

子育て しつけ関連エントリー

inserted by FC2 system