子育て 悩み

パパが子育てに消極的

「子育てを手伝ってくれるご主人でいいですね。」と、よく言われます。誉められていることは分かりますが引っかかるんですよね”手伝う”という表現が。子育ての主導権はあくまでもママでパパは第三者的に考える風潮は世界共通なのでしょうか。

 

そもそも子供は二人の間に授かったもの、それを二人で育てるのは自然です。確かに関わる時間はママの方が多いでしょうが子育てにおいてその時間の長さはさほど関係ありません。パパに二人で育てているという意識があるのとないのでは、子育てをするうえで大きな違いが出てきます。

 

子育てはママの仕事と言われてしまったら普通でも大変な子育てが何倍にも辛いものになってしまいます。子育ては決してママ一人でできるものではありません。それを一人で背負ってしまっているママのなんと多いことか。嫌味の一つでも言いたいでしょうがパパも男、言い方一つで意固地になったり素直になったりします。

 

どうか冷静になって夫婦で話し合って下さい。パパの力がどうしても必要なこと、二人で一緒に育ててあげたいこと、時には息抜きもしたいことを。そして、一度思いきって子供を預けて外出してみましょう。

 

そこでパパにも子育ての大変さと同時にその喜びを経験してもらうんです。パパの「大変だったね。」の一言さえあればまた明日から頑張れるんだということを分かってもらうことから始めましょう。そしてママからも「パパ、いつもお疲れ様」の一言忘れないで下さいね。

子育て ママ関連エントリー

inserted by FC2 system